思いつきだけの人:アイデア教室!発明倶楽部


スペース

思いつきだけの人

自他ともに発明家とされながらも、これまでに発明で成功したタメシがない人にも、なんらかの共通点があるようだ。つまり、「発明で成功しない人」もまた、いくつかのタイプに分類されよう。

そこで、ここからは発明で成功しにくい人のタイプを取りあげ、それぞれを解説していくことにしよう。それらのタイプが、自分に当てはまることはないか、注意しながら読むとよいだろう。 まずは、「思いつきだけの人」というのを挙げることにする。

自称「発明家」と名乗る人には、たしかに思いつきのよい人が多い。しかし、アイデアを次から次へと出すわりには、それら一つ一つについて、じっくりと吟味しないことも多い。

こういう人は、「思いつきだけの人」であって、成功はしにくいといえよう。一つのアイデアの効果を最後まで検討・確認しないうちに、もう他のアイデアに飛びついているので、いわば浮気性である。

「自分がいかに、いろいろなアイデアを持っているか」を他人にひけらかし、アイデアの安売りをするので、周りの人は「もう、うんざり」と閉口するばかりだ。こういうタイプの人は、自分がアイデアマンであることを証明するためだけに、特許書類をいくつも出願していることが多い。

しかし、そうした特許書類に記された発明の内容も、思いつきが主体であり、よく検討されたものではないので、いわゆる「珍発明」であったり、あるいはトンデモ本ならぬ「トンデモ発明」の類となってしまう。

出願された特許書類は、認められるかどうかは別として、とにかく受理だけはされるのだ。受理はされても、発明が評価されたわけではないのだ。「思いつきだけの人」は、口を動かす前に、まずは少しは手も動かして(つまり、試作をしてみるとか)、その思いつきが実際に効果的かどうかを、自らの目で確かめてもらいたい。

その後に口を動かしても遅くはないはずだ。そのほうが、周りの人も興味深く聞くことだろう。

スポンサード リンク



このエントリーをソーシャルブックマークに追加しよう! ⇒

« 女性と男性の発明力には違いがあるへ | HOMEへ | アイデアはよいが、それを形にはしない人へ »

【発明で成功する人カテゴリーの関連記事】

Google
 

アイデア教室!発明倶楽部 HOMEへ   記事一覧へ画面上へ

思いつきだけの人を最後までお読下さいましてありがとうございます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://navi100.com/mt/mt-tb.cgi/1238